ご利用事例インタビュー

360度評価✕1on1面談で、個人・組織の成長を加速する〜フィードバック文化の土台作りに向けて~

スローガン株式会社

ヒューマンキャピタル部門 部門長 中島織文様
ヒューマンキャピタル部門 川村拓也様

  • 課題

    個人と組織の成長課題を見える化したかった

    個人の成長を本人の自己努力に依存せず、ひとりひとりの成長を組織的に支援する仕組みを導入したかった

  • TeamUpを選んだ理由

    360度評価の結果データの見やすさや、使い勝手の良さ

    360度評価と連動した、1on1面談機能

  • 効果

    360度評価結果をもとに実施した1on1面談による定期的なフィードバックで、メンバーの行動に変化が現れた

    現場メンバーだけでなく、マネージャーもフィードバックを受取ったことが、「健全に指摘し合えるフィードバック文化」の形成に役立った

評価ではなく、全ては“個人や組織の成長を加速させる”ために
−TeamUpを導入した背景を教えてください。

中島氏:導入前のチームの状況として、会社として高い目標を追いかけるため、今まで以上に個人・組織の成長が必要でした。それに伴い、成長を支援する仕組みや健全なフィードバック文化の形成が必要だと考えていました。

そんな中、メンバー全員から強みや改善点を指摘され、それが見える化される360度評価は私たちの課題を解決してくれるのでは、と考えました。またTeamUpでは、1on1面談機能もついており、360度評価を一度やって終わりにならず、結果に対して継続的なフォローアップ面談が実施できることもあり、導入を決定しました。

スローガン様1
−360度評価を具体的にどのように実施したのですか?

中島氏:マネージャー以上とメンバーで質問項目を分けて360度評価を実施しました。質問項目はTeamUpのサポートを受けながら作成しました。ノウハウが蓄積されたテンプレートを利用することができましたし、一人あたりの適切な評価人数や、回答スケジュール、その後の1on1面談の運用設計についてもアドバイスをもらえたので、とてもスムーズに進めることができました。

360度評価のデータがあることで、1on1面談の質も向上
−個人の成長を促す上でTeamUpが役立った点はなんですか?

中島氏:TeamUp導入前にもメンバーとマネージャー間の1on1面談はあったのですが、360度評価の結果をもとに1on1面談を行えるようになったので、その質が向上しました。具体的には、チームメンバーからのフィードバックで、本人の“強み”や“改善点”を明確になったため、「よりパフォーマンスを上げるために、どのような行動を取れば良いか」という論点について、議論が集中してできるようになりました。

また、シンプルに1on1面談のログをTeamUp上で蓄積・閲覧できるので、先月取り組んだことの振り返りなどが楽にできるようになり、「あれ?この前は何の話をしたっけ?」という状況が全くなくなりました。(笑)

スローガン様2

川村氏:「弱みを見せられない」「人をうまく頼れない」「課題意識が漠然としている」など、個人が持つ課題が明確になり、改善へのアクションを取れる人が多くなりました。

そして、改善目標に対して「できた・できなかった・それを踏まえて来月どうしていくか」について議論する週次の1on1面談や、中長期について話し合う月次の1on1面談を使いわけたり、個人目標をチーム内で共有することで、誰がどんな課題感を持って働いているか明らかになり、チーム内で互いに良いフィードバックを与え合えています。

マネージャーもメンバーからの指摘を受けることで、フィードバック文化の土台作りとなる
−マネージャー以上の方は360度評価の結果はどのように活用されたのですか?

中島氏:マネージャー以上はチームメンバー全員の前で、フィードバック結果の振り返りを行いました。フィードバックを受け、全員が明るい顔になったわけではありませんでしたが(笑)、それでもその場でメンバーからのフィードバックを受け取ることが「健全に指摘しあう文化」の実践となり、課題点を明確にすることができました。

川村氏:メンバーからフィードバックを受け、改善点を明確にされた以上、そこにコミットして結果を出さないといけない、という良い緊張感も生まれました。

スローガン様3
全社ミッション達成のため、360度評価で個人・組織の成長を加速させる
−今後、360度評価はスローガン社においてどのような役割を果たすでしょうか?

中島氏:全社で掲げているミッションを達成するためのカギとなるでしょう。弊社は「人の可能性を引出し才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける。」というミッションを掲げています。この壮大なミッションを達成するために、今より個人も、組織全体としても飛躍的に成長しなければなりません。

マネージャーのスキルに依存せず、「健全に指摘しあう文化」を形成し組織を成長させる”360度評価”と、そのデータを元に実施し、個人の成長を促進させる”1on1面談機能”。この2つにより、個人と組織の両方の成長を加速させていきます。

スローガンさん、ありがとうございます!
TeamUp
カジュアルな"360度評価"と"1on1"が
社員と組織を強くする
無料トライアルを開始